« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

ダイオードリミッタAM変調回路

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ca340314 Ca340313

Ca340312

白色LED点灯回路を組み立てた後、EDNのDesign Ideas の2007年記事一覧を見ていると、ちょっと変わったAM変調回路を見つけました。

「ソフトリミッタ回路を利用したAM変調器(2007.12.01) 」

原理はダイオードリミッタを使ったもので、面白そうなので試してみました。

加える信号も同じEDNのDesign Ideas の2007年記事一覧から

「CR発振回路の歪を抑える非線形増幅回路(2007.01.01) 」

のCRを変えて周波数400Hz程度の発振回路にしました。

オペアンプはTL081がなかったので4回路入りのTL-084にで組みました。

回路を組み電源を入れたところ、キャリアの信号がでません。

キャリア用の発振回路が発振していないようで、移相発振回路は29倍以上で発振するはずですが、ゲインを決める抵抗を、68k、82k、100kΩと上げていき、発振回路単体では82kで、リミッタ回路などをつなぐと、100kΩでやっと発振するようになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月28日 (月)

LM386ウィーンブリッジ

ブログランキング・にほんブログ村へ

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7

LM386のデータシートのアプリケーションに載っているウィーンブリッジ発振回路には、「ELDEMA CF-S-2158」という3V-15mAのランプが使われています。

同じ物を組み立ててみようと、今まで何度かこのランプを探しましたが見つかりません、また、同じような定格のランプも探しましたが、電圧が1.5Vや3Vのランプは沢山見つけられますが、電流を見るとみんな100mA前後で、とても使えません。

そんな中、鈴商で1.55V 12mAのとても小さなランプを見つけました。

用途は腕時計などのバックライト用なのか、とにかく小さく、リード線は髪の毛のように細いです。

抵抗を測ってみると20Ω前後でした。

このままでは使いにくいので1列のヘッダーピンを加工して半田付けしました。

早速このランプを使ってアプリケーション回路のウィーンブリッジを組みました。

が、出力された波形は、写真のようにゲインが大きすぎて方形波になり、周波数も1kHzから外れています。

そこで、周波数は1kHzに近くなるようにRを16kΩに、ゲインもランプの抵抗値に合わせて50Ω(100Ω並列)に変更し、さらにパスコンを入れたところ綺麗なサインを出力できました。

抵抗が50Ωと小さいのが気になりますが、分圧比を変えればもう少し大きくできると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

低電圧電源白色LED点灯回路

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ca340290 Ca340291

雑誌に乾電池1本で、白色LEDを点灯させる記事を見かけると、気になってつい買ってしまいます。

最近はEDNに白色LEDを乾電池1で点灯させる回路が良く掲載されていて、去年の12月号では、1.2Vの電源で動作する白色LEDドライバーの回路が掲載されていました。

そんな中、今月発売のトラ技の5月号には、0.71Vでも起動する高効率白色LED点灯回路というのが載っていました。

記事ではチップのトランジスタで非常にコンパクトに作られていましたが、手に入らなかったので、性能の差はわかりませんが、サトー電気で手に入る一般的な部品で全て揃えました。

写真右は、去年組み立てたEDNの回路、写真左が5月号のトラ技の回路です。

ギリギリまでためしていませんが、電池の電圧が落ちてきても余裕があるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

トラ技・GPS受信モニタの製作

ブログランキング・にほんブログ村へ

P1 P2 P3

トラ技2月号の特集「GPSのしくみと応用製作」で紹介されていた、千代田電子機器の「部品セットと受信モニターツール」を組み立てました。

このセットを動作させるために必要な、電源(秋月9VスイッチングACアダプタとDCジャック)と銅箔シートを購入、シリアルケーブルなのでRS232Cコネクタの付いた古いノートパソコンを用意し、地図ソフトの体験版(30日間)をダウンロードしました。

基板は付属のユニバーサル基板でなく、使い慣れたショーエイの汎用基板101S-UCBを使い、ショートしないようにスペーサを付けました。

写真のように、わずかな部品でノートパソコンがカーナビのようになりました。

このセットの頒布は終わりましたが、似たような内容のセットが秋月で販売されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »