« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月15日 (月)

パラメトロンAND、OR回路

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ca340005_2 

加算回路を組む前に組んだ、多数決論理を確かめる3入力1出力のパラメトロン回路を残ったコアで組みなおしました。

パラメトロン加算回路を組むのに、特性の良いコアを全て使ってしまいましたので、残った特性の悪いコアでコンデンサの容量などで調整して、同じ周波数の励振電圧でなんとか動作するように調整しました。

パラメトロンOR回路

オシロの上の波形は基準信号で、同相で1、逆相で0です。

3つあるスイッチは入力ZYXで、Zを1に固定して、X,Yを、00、01、10、11と変更して、励振電圧を入れると、多数決論理で結果を出ます。

http://jp.youtube.com/watch?v=sUsLOeu5hlc

パラメトロンのAND回路

オシロの上の波形は基準信号で、同相で1、逆相で0です。

3つあるスイッチは入力ZYXで、Zを0に固定して、X,Yを、00、01、10、11と変更して、励振電圧を入れると、多数決論理で結果を出ます。

http://jp.youtube.com/watch?v=SWT45cn9NTk

オペアンプやトランジスタで発振や励振電圧のバッファをしていますが、論理演算は受動素子のコンデンサとコイルと抵抗を使い、信号の位相で計算しています。

何度見ても、不思議な感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »