« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年5月16日 (土)

ソリッド・ステートオシロスコープ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ca340055 Ca340053_2 

秋月電子のサイトを検索中、「スクロールクロックキット Ver.1(10x10ドット)」というのがありました。

使われているマトリクスLEDが、大きさからしてブレッドボードに載りそうなので、単品で売っていないか調べると、「LT-5003D」という10x10ドットのマトリクスLEDで、ピンのピッチが2.54mmという事がわかりました。

購入して実物で合わせると、縦ピッチがブレッドボードに合わず、電源ラインのブレッドボードを挟む事でピン間隔を合わせました。

これで、以前から組んでみようと思っていた、「IC工作マニュアルNo3 電波新聞社」に載っている「ソリッド・ステートオシロスコープ」がブレッドボード上に載ります。

はじめに組み立てようと考えていた時には、ユニバーサル基板に細い銅線で針と糸で布を縫うようにパターンをつなげて、LEDを斜めに実装して、表と裏のパターンをお互いにまたいで重ならないようにするやり方でした。

でも今は、マトリクスLEDがあるのでそんな苦労もしなくてもよくなりました。

LM3914は売り切れの店が多かったですが、イーエレで見つけて購入しました。

早速組みてて実験してみました。

入力信号は、ウィーンブリッジ発振回路で100Hzの正弦波を加えています。

http://www.youtube.com/watch?v=xpmDmh8be80

携帯で撮っているので画像が粗いせいか、ボケて、それっぽく見えていますが、実際は、かなりガタガタの波形です。

トラ技のオマケのA/D付マイコンを使った液晶オシロと比べると、かなり見劣りしますが、電子回路教材の出力表示に、ドットLEDや7セグLED以外に、こんなのが付いていても面白いかと思いました。

ネットで検索してみると、殆ど同じ回路で、発振回路に555を使っている物を、Make:Japanのサイト内で見つけました。

キーワード「LEDオシロ」で見つけられると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

大人の科学・付録は「4ビットマイコン」

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ca340053 Ca340055 Ca340056

大人の科学のメールマガジンで、マガジンVol.24のふろくに「4ビットマイコン」が付く事を知りました。

紹介のページ、デモを見て見ました。

○大人の科学マガジンVol.24の詳細はこちら
http://cm.gakken.co.jp/?5_7650_13424_2

○大人の科学編集部ブログ~マイコンの紹介
http://cm.gakken.co.jp/?5_7650_13424_3

何処となく見覚えのあるLEDやスイッチの配置、

デモ動画も見覚えのある音と動作。

見た限りでは電子ブロックのマイコンと機能が同じに見えます。

以前、電子ブロックのマイコンの修理にオークションで落札した、機能が同じ、日陶科学のマイコンキットNE1200を引っ張り出してみました。

http://www.youtube.com/watch?v=q7Ms2_scpxQ

もし、全く同じなら、電子ブロックのマイコンブロックが手に入らなかった人も、どんな物だったか分かると思います。

価格は2500円です。

当時の資料はあまり残ってないので、CPUのレジスタ構成や命令表、サブルーチン、プログラムリストなどが載っていたらいいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

電子楽器工作

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ca1 Ca2 Ca3

輪ゴムを使った電子楽器工作を見つけたので、組み立ててみました。

左の写真は、2008/07号の子供の科学に掲載されていた、ワゴムデエレキです。

この回路は、輪ゴムをはじいた振動を圧電サウンダーに伝えて増幅しています。

http://www.youtube.com/watch?v=2Rb_A5ICx8k

ゴムをはじいたそのままの音です、スピーカーを離して聞いても同じでした。

色々振動する物に当ててみると、面白い音源が見つかるかもしれません。

真中の写真は、電子工作マガジンN01に載っていた「輪ゴムと光センサーで作るエレキギター」をブレッドボード上に組み立てた物です。

こちらは、輪ゴムでフォトインタラプタのスリットを遮るように入れ、振動でゴムが揺れることで、LEDを消灯・点灯させて、音を出しています。

はじめ、回路の通りに圧電スピーカーで聞いていましたが音が小さく、直接聞こえてくるゴムをはじく音の方が大きかったので、やむなく同誌に載っていて「携帯音楽プレーヤ用外部スピーカ」のアンプの片側を使って鳴らしてみました。(右の写真)

また、記事で使っていたインタラプタが無かったので、ピン配置や定格が違いますが、抵抗値や配線を変更して、別メーカーのインタラプタを使用しています。

http://www.youtube.com/watch?v=PQwce43w_eQ

少し、エレキっぽい音です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »