« 2009年12月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月26日 (月)

8チャンネル・オシロスコープ・アダプタ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ca340087 Ca340086

昔のトラ技増刊に載っていた8チャンネル・オシロスコープ・アダプタ回路を試してみました。

このアダプタがあれば、1chで8ch表示可能になるという物です。

原理は入力をCMOSシリーズのアナログマルチプレクサを高速で切り替えるという物です。

入力の信号は原理上、切り替え周波数の1/10程度までが限界です。

写真は、切り替え周波数が60kHzで、入力信号の一番高い周波数1kHzです。

元々この程度なのか、それとも組み方が悪かったのか、ノイズが多いです。アナログ信号も可能と書いてありましたが現状では厳しいです。

あと、秋月のオシロキットで使えないかとつないでみましたが駄目でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

教育センターサイトめぐり

ブログランキング・にほんブログ村へ

科学館サイトを検索している中、科学館以外にも、実験や工作のテキストを公開しているサイトを見つけました。

JAXAの宇宙教育センター>教材を探す>教材には、科学教室で使えるテキストがたくさんあります。

http://edu.jaxa.jp/materialDB/list.php?category=sort&node_id=10

JAXAの宇宙教育センターにこれだけあるのだからと、「教育センター」と名の付く所を調べてみると、各都道府県立の市立の教育センターにも、沢山の教材や資料を公開している事がわかりました。

教育センターのサイトで見つけた電子工作に役立ちそうな物と見つけた教育センターのサイトです。

神奈川県立総合教育センター オシロスコープ

http://www.edu-ctr.pref.kanagawa.jp/edb2/oscillo/

北海道立教育研究所 附属理科教育センター>おおすすめ資料>【各研究班へのリンク】>物理研究班>ダウンロード コンピュータオシロスコープソフトウェア「音オシロ」

http://www.ricen.hokkaido-c.ed.jp/310butsuri/download.html

北海道立教育研究所 附属理科教育センター>おおすすめ資料>【各研究班へのリンク】>物理研究班>実験観察レシピ>分野別高校テキスト 真空管と半導体

http://www.ricen.hokkaido-c.ed.jp/310butsuri/kokotextnaiyobetsu.html

富山市教育センター>理科自作教具一覧 三極管の特性実験装置

http://www.tym.ed.jp/c10/database/fr_database8.htm

大阪府教育センター

http://www.osaka-c.ed.jp/

岐阜県総合教育センター

http://weba2.gifu-net.ed.jp/gec/

三重県総合教育センター地学分野映像教材集

http://manabi.mpec.jp/kishou/index.html

静岡県総合教育センターあすなろ学習塾

http://gakusyu.shizuoka-c.ed.jp/

都道府県や市立まで含めると、まだまだ沢山あるので、全部調べるのには時間がかかりそうです。

ゴールデンウィークは、調べた物を幾つか試してみようと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

科学館サイトめぐり

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近、エレキジャックのページのイベント&ニュースに日本各地の科学館の工作教室や科学教室のお知らせがよく紹介されています。

紹介されている科学館サイト見てみると、紹介の工作教室以外に、定期的に開かれている科学教室や、教室で使ったテキストを公開しているサイトが多くみられます。

エレキジャックのページで紹介されていた福岡県青少年科学館>科学資料室にはスライムや万華鏡など、実験や工作のレシピがたくさんありました。

http://www.science.pref.fukuoka.jp/

他にもないかと、日本各地の科学館を調べてみました。

千葉県立現代産業科学館>調査研究>「科学館へ行こう」報告書

http://www.chiba-muse.or.jp/SCIENCE/menu.html

郡山ふれあい科学館>面白科学>科学の広場

http://www.space-park.jp/events/square/index.htm

ディスカバリーパーク焼津

http://www.discoverypark.jp/default.asp

どれも身近な物を使って家庭でもできる物ばかりです。

ゴールデンウィークも近いので、いろんなイベントも用意されています。

都会の大きな科学館より、地方の小さな科学館の方が頑張っている感じがしました。

実際には行けなくても見ているだけでたのしい気分にになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年5月 »