« 2011年11月 | トップページ | 2012年3月 »

2011年12月 4日 (日)

放射線モニターきっと もっと簡単に改

ブログランキング・にほんブログ村へ

Lm3900sch3 Ca340186

Ca340187_2 Ca340188 

動かなかった2台目は、パターンを切ったり貼ったりしていたせいで、何処が悪いのかわからなくなってしまいました。

そこで、新たにaitendoで放射線モニターきっとを購入してやり直すことにしました。

ブレッドボードでの実験ではオペアンプで仮想GNDを作りましたが、基板の場合、オペアンプを載せるスペースが無いので、基板の外に回路を作らなくてはいけません。

基板だけでの実験ができるように考えてみると、無理に仮想GNDを作らず、乾電池は1個増えますが、006P乾電池2個で±電源にしてやるのが一番シンプルなので、ツェナーダイオードと200Ωを外し、乾電池2個で実験してみる事にしました。

買ってきた放射線モニターきっとを組み立てようとしたところ、基板のパターンが変わっています。

バージョンアップされ、トランジスタのピン配置も直され、LEDの電流制限用の抵抗を入って、LEDも青色になっています。

しかし何故か抵抗は金属皮膜から小さい炭素皮膜になっていました。

早速、組立てと改造です。

まず、今ある電源をつなぐ場所には、47uFの電解コンデンサを入れます。

そして、200Ωとツェナーダイオードのところに006P乾電池をつないで、±9Vになるようにします。

006P乾電池には、それぞれ新たに電解コンデンサ10uFと積層セラミックコンデンサ0.1uFを並列に入れ、変動を押えます。

次に、LM3900の+電源ピン14ピンへのパターンをカットし、裏で電源+9Vにジャンパーでショートします。

オペアンプ出力のジャンパー箇所は、オペアンプの出力がトランジスタのベース側に、トランジスタのエミッタがLED側に接続するように、スズメッキ線でつないで半田付けしました。

また、LEDの抵抗は、電圧を上げたので1kΩに変更しています。

シールドを考え、ネジ穴と-9Vをショートしています。

http://www.youtube.com/watch?v=HppG2JBSWQ4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

99円(税込)microSDメモリー

Eee PC にSDHC32GBを増設をしようと、久しぶりに上海問屋のサイトを開くと、

「 [お一人様2個まで]上海問屋オリジナル microSD カード 2GB 販売価格 99円(税込) 」

という文字が目につきました。

目的のSDHC32GBと、USBも残りの容量が少なかったので4GBと16GBを購入、ついでに99円microSDも購入しました。

今使っている携帯は古いので、入っているのは同じ2GBのmicroSDですが、確か1000円以上したと思います。

使ってみようと、買ってそのままになっている1000円MP3プレーヤーを引っ張り出してみました。

2GBでも結構な曲数が入りますが、そんなに入れる曲もないので、このMP3プレーヤーのmicroSDカードリーダー機能を使って、主にUSBメモリー代わりに使おうとおもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年3月 »