« ディスクリート スイッチトキャパシタフィルタ | トップページ | 激安 L/Cメーター A6243L »

2012年7月22日 (日)

アームロボット ABOT-5000

     ブログランキング・にほんブログ村へ

Ca3i0034

Ca3i0037  Ca3i0039

Ca3i0040

サンマイテックのアームロボットのアボットシステムのアームロボット本体を修理しました。
取説も回路図も、周辺装置のI/Oボードもリレーボードもないので、取り合えず後部のコネクタをテスターで調べてみました。

導通箇所とそうでない所があり、導通箇所は、ほぼ0Ωと数Ω~数十Ωのところがあります。

ひっくり返して、裏ぶたを開けると、リミットスイッチらしきものが見えました。

コネクタの導通箇所にふたたびテスターをつなぎ、リミットスイッチを手で開いていくと、導通だった箇所で、リミットスイッチを動かすたびに不通になる箇所を見つけました。

どうやら、このコネクタは、モーターとリミットスイッチにつながっているようです。

ここで、このアームロボット ABOT-5000をネットで検索してみると、

サンマイテックのホームページ>ロボット用パーツ>アボットシステム

のページにこのアームロボット の仕様が出ていました。

電源は3Vなので、コネクタの導通箇所に乾電池で3Vをつないでみる事にしました。

抵抗が数Ω~数十Ωある箇所に乾電池で3Vをつないでみると、胴と腕が動きましたが、手首と指が動きません。

どうやら、手首と指が壊れているようなので、手首と指を駆動するモーターやギヤの入った腕の部分を分解してみる事にしました。

腕の分解するためネジを外そうとしたところ、ネジが2本ありません。また、ネジの頭が少しナメた跡もあり、以前に開けられた形跡がありました。

腕の中のギヤがバラバラにならないように、そうっと腕を開けると、手首と指を動かすモーターとギヤが出てきました。

モーターをギヤから外し、直接3Vを接続すると、1つはノロノロと動き、もう一つは全く動きませんでした。

モーターの寸法を測ってみると、マブチモーターのRE260と同じです。

トルクやスピードまで同じかどうかわかりませんが、電源と寸法が同じなので交換してみました。

交換後、再び3V電池を手動で切り換えて接続すると、一応動作しました。

http://www.youtube.com/watch?v=cqUflMtS1GA

|

« ディスクリート スイッチトキャパシタフィルタ | トップページ | 激安 L/Cメーター A6243L »

コメント

このアームはその後I/Oボードなどはどうしましたでしょうか?

投稿: pigpang | 2016年5月14日 (土) 21時19分

その後、オークションに出品しましたが落札されず。

I/Oボードはありません。

投稿: RLC | 2016年5月15日 (日) 16時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160663/55255230

この記事へのトラックバック一覧です: アームロボット ABOT-5000:

« ディスクリート スイッチトキャパシタフィルタ | トップページ | 激安 L/Cメーター A6243L »