« 2012年10月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月20日 (日)

LA1800 ピッチ変換基板 50円

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ca3i0088 Ca3i0089

Ca3i0090

電子工作をしていて、作りたい気持ちはあるけれど、諦めてしまうことがあります。

その原因の一つに、部品のピン間のピッチが基板と違うという問題があります。

以前ブログでも書いた、SN76477やSN76488などがその例です。

これらのICは、ピン間が1.778という中途半端なピッチなので、使うには感光基板などで専用の基板をつくるか、高価な変換基板を購入しなければなりませんでした。

興味はあって、実験もしてみたいけれど、基板を作ってまで、高価な変換基板を購入してまでではない事もあります。

その結果、以前のブログのように、SN76477やSN76488は、ゲジゲジになって、もう元の姿には戻れなくなってしまいました。

そんな中、先日Aitendoで、22PINの1.78→2.54の変換基板が50円で売られているのを見つけました。

LA1800にピン数、ピッチ、幅がピッタリです。

家でタンスの肥やし状態になっているLA1800で、早速試してみました。

回路は、図解エレクトロニクスNo.7に載っていた LA1800を使ったAMラジオをブレッドボード上に展開しました。

アース線もアンテナ線も出していないのこの高性能。

http://youtu.be/Z1_z7K16WdU

50円まで安くしなくても、せめて500円以下で、同じ悩みのあるTA8122やSN76477やSN76488などのICにも、安価な変換基板が出来てくれたらいいなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

加速度センサによるサーボモータ制御

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ca3i0094 Ca3i0095

よく動画サイトで、加速度センサーのアナログ電圧出力をA/D入力のあるワンチップマイコンに入力し、入力された電圧に応じてパルス信号を出力し、サーボモータを動かしている動画を見かけました。

ロボットなどを作る目的はありませんが、ただ面白そうなので同じことをしてみたいと思っていました。

そこで、以前組み立てたエレキジャックのホームページにある、555でRCサーボモータを制御する回路を少し改造したものに、KXM52のアナログ電圧出力を入力して、サーボモータを制御してみました。

回路は、555のコントロール端子にKXM52のアナログ電圧出力を入力しています。

しかし、簡単化のため、KXM52のアナログ電圧をオペアンプなどで増幅して、555のコントロール端子の電圧に合わせたりせず、逆にKXM52のアナログ電圧に555のコントロール端子の電圧に合わせるため、555の電源電圧をダイオードで無理やり落としてつなげました。

http://youtu.be/L8Rh6g3Q48g

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

LED方式デジタル水準器

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ca3i0090 Ca3i0091

本屋さんで、電子工作マガジン2012WINTER号があったので久しぶりに読んでみると、「LED方式デジタル水準器」という記事がありました。

加速度センサの出力を傾きとしてLEDで表示するものです。

以前加速度センサーがどんなものか見たくて買ったとき、出力を見るのに、アナログテスターでは反応が遅く、デジタルテスターでは表示がパラパラ変わって落ち着かず、オシロスコープでは変化を見やすいんですが、プローブが邪魔でした。

マイコンなどにADを介して入力するときも、加速度センサーから出力が出ているんだかいないんだ、わかりにくい事もありました。

おもしろそうなので、購入して試してみました。

記事は、X,Yの2軸でしたが、Z軸も足して、加速度センサーのX,Y,Z すべての出力を見てみました。

http://youtu.be/oubKHBgFPvY

これは、加速度センサーの出力のモニターに使えます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

SCR1個 弛張発振回路

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ca3i0088_2

Ca3i0087_2 Ca3i0089

Ca3i0090

鉄道模型などのコントローラ回路を調べていて、『だれにもつくれる SCRホビーマニュアル』 訳者代表 小津厚二郎 オーム社 にサイリスタを使った弛張発振回路を見つけました。

サイリスタ1個でスピーカを鳴らすブザー回路です、あまり大きい音は出ません。

この回路を改造して、LED1個の点滅回路も組んでみました。

サイリスタはCR02AM-8を使いました。

ブザー回路は回路図の通りだと発振範囲が狭かったので、半固定抵抗の定数を変更しています。

LEDの点滅回路も点滅スピードを落とすためにコンデンサの値を1桁増やし、半固定抵抗の定数も変更し、LEDの電流保護抵抗も入れています。

電源は両回路とも006P乾電池2個(約16~18V)使いました。

本当はシンプルに1個(9V)にしたかったのですが、今までサイリスタ2個の発振回路やSBSと同様、この手の電力制御素子は10V以下になると上手く発振してくれませんでした。

http://youtu.be/fvepEOfHMOM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年2月 »