« 超シンプルラジオモジュール(FM)[P-EN803-WC254] | トップページ | 愛好者3号 »

2013年9月 2日 (月)

aitendo FMラジオ[AKIT-1079] チョット改

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ca3i0090 Ca3i0091

実験用にマイクロインダクタが欲しい為だけに買った FMラジオ[AKIT-1079] 勿体ないので組み立ててみることにしました。

http://www.aitendo.com/product/6257

まず気になったのがシルク印刷にC3が2つあります。はじめ基板を見た時、回路図から起こす時に間違えたのだろうと回路図を確認すると、回路図にもC3が2つあり、まぎらわしいですが同じ値なので問題はありません。

そして、回路図にあるR3が基板上にありません。

回路図ではRSTピンをGNDに落とすためにスイッチと直列にR3が入っています。

スペースが無かったのか、無くても動くので良しとしたのかはわかりませんが、部品にはこの実装できないR3も数に含くまれています。

これにアンテナ線を20cm程度とイヤホン、スイッチ付き単4乾電池2本用の電池ボックスと単4乾電池2本準備すれば、取り合えず完成させる事ができそうです。

使ってしまったマイクロインダクタの変わりは、2本使う内の1本はイヤホンの出力の所で使っているので、何かで余っていた1.2μHのマイクロインダクタをイヤホンのところに入れて済ませました。

また、抵抗が大きくて立てて実装しなければならず、出っ張って邪魔な感じなので、小さな抵抗と入れ替えました。

タクトスイッチも、RESETは黄色、CH+・-、VOL+・-は、それぞれ赤・青に色分けして視覚的に見分けやすくしました。

出来上がった感想は、小っちゃいです。(昔の牛乳瓶の紙のフタ位の大きさです。)

そして丸いですが、良く見ると淵が荒く、NCで切り抜いた感じがします。

手で触るとノイズが気になりますが、良く聞こえます。

|

« 超シンプルラジオモジュール(FM)[P-EN803-WC254] | トップページ | 愛好者3号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160663/58116733

この記事へのトラックバック一覧です: aitendo FMラジオ[AKIT-1079] チョット改:

« 超シンプルラジオモジュール(FM)[P-EN803-WC254] | トップページ | 愛好者3号 »