« aitendo FMラジオ[AKIT-1079] チョット改 | トップページ | 世界でいちばん小さい科学館 »

2013年9月 3日 (火)

愛好者3号

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ca3i0093_2 Ca3i0094

Ca3i0097 Ca3i0114

Ca3i0115

今までゲルマラジオやトランジスタラジオを組み立てていた時には、頑張ってもAMはNHKか日本放送、FMもFM横浜とNHKぐらいしか受信できなかったので、知らない放送局を受信する事は殆どありませんでした。

aitendoのDSPラジオを組み立てて、良く聞こえるのでポータブルラジオのダイヤルの位置だけではわからず、ラジオのダイヤルと新聞で確かめる事が多くなりました。

出来れば受信した周波数がデジタル表示され、直ぐに確認できるラジオがほしくなりました。

ネットで調べていると、「愛好者3号」という聞き慣れないラジオが引っ掛かります。

中国製のラジオで性能の割りに価格が安いので、3年位前にBCL用に盛んに取り上げられていたようです。

検索するとネットで何か所かで販売されていましたが、私はAMAZONで購入しました。

内容は本体とイヤホン、ワイヤーアンテナ、充電器と単3充電池が4本入っています。

父が生前使っていた20年位前の周波数長があるのを思い出しました。周波数がビッチリ載っていて電話帳のようです。今も使えるかわかりませんが受信した放送局と周波数を照らし合わせてみました。

何処か海外の遠くの放送局を受信してやろうと、ロシアとか南米とかオーストラリアとか思いつくまま周波数を入れていると、「シャーーー」というノイズ音、・・・こんな小さなラジオで設備も整えずそう簡単に聞こえるはずもなく、それでも時々「おっ、何か聞こえるぞ」と思うと殆ど中国か朝鮮半島からの放送でした。

たとえ中国語や朝鮮以外の放送が聞こえたとしても外国語がわからないので何処の放送局かわかりません。スペイン語やイタリヤ語が聞こえても、韓国や中国の語学講座かもしれません。

そこで日本語放送を探していると、BookOffの100円コーナーに3年前のBCLライフという雑誌を見つけました。

近場の日本語放送をやっている放送局と、日本語放送の放送時間が載っています。

3年前の本なので今も時間や周波数が同じかわかりませんが、記事に載っていた日本語放送の時間に合わせて聞いてみる事にしました。

放送時間に部屋いっぱいにワイヤーアンテナを張って、周波数を入力して日本語放送が開始されるのを待ちました。

殆ど時間、周波数の変更なく、台湾国際放送、ベトナムの声、モンゴルの声、ロシアの声など受信できました。

ちょっと感動してしまいました。(インターネットや携帯の無い時代なら、もっと感動したかもしれません。)

|

« aitendo FMラジオ[AKIT-1079] チョット改 | トップページ | 世界でいちばん小さい科学館 »

コメント

これイイですね!
周波数直読できるラジオが欲しかったのですが、値段もお手ごろですし。

投稿: さるもねら | 2013年9月11日 (水) 05時19分

寝る前に日本語放送聞いて、そのまま睡眠学習機です。
BCLってやっている人多いんですね。
検索すると、山登ったり、海行ったり、アンテナ作っり、受信の時間やテクニックなど、自分の使っているラジオの性能や紹介以外にも色々出てきます。

投稿: RLC | 2013年9月12日 (木) 22時51分

すみません。質問なのですが。


ブログではなく、↓こちらのページについて分からない事があるのですが・・。
電解コンデンサの充・放電実験
http://www.rlc.gr.jp/project/e_genri/c/condensa/jyuhouden.htm

このページの
「実験3 テスターで良否チェック」

「テスターのリードは、赤にマイナス、黒にプラスの電気が来ていますので、電解コンデンサのプラス端子に
テスターの黒のリード線を、マイナス端子にテスターの赤のリード線を接続して下さい。」

とありますが、逆ではないのでしょうか?
自分は電気にド素人のくせにテスターを買ったり、いじったりするのが
好きな程度の者です。

別の方のサイト、ページなどを見ると
知恵袋では・・・
Q「テスターのテスト棒は赤・黒どちらがプラス端子ですか? 」
A「赤がプラスで黒がマイナス」

とあり、

教えてgooでは・・・
Q「コンデンサの良品故障品の区別」
A「・・・コンデンサーの両端をあらかじめショート(容量が大きい場合は数百オームの抵抗を接触させる)させて電荷を抜き、
抵抗測定レンジにしてテスターの+極をコンデンサーの+極に、マイナス極同士も同様に接触させた状態で、メーターを読み・・・」

とあります。
自分もコンデンサーについて、基板に刺す時はマイナス印をマイナス(GND)
だと思っていますが。

こちらのサイトの方も。
http://www.hifido.co.jp/merumaga/gyoumu/050902/
「・・・電解コンデンサの+側を赤棒に、-側を黒棒に当てます.」

なぜ逆なのでしょうか?

投稿: 寒さに凍える猫 | 2013年11月19日 (火) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160663/58122588

この記事へのトラックバック一覧です: 愛好者3号:

« aitendo FMラジオ[AKIT-1079] チョット改 | トップページ | 世界でいちばん小さい科学館 »