2009年7月20日 (月)

電子工作マガジンNo.4 その後

ブログランキング・にほんブログ村へ

電子工作マガジンNo.4に載っている回路をいくつか試してみました。

「ハンダ付けなしパッチン・パッチンピコピコ鳴る発振器」

http://www.youtube.com/watch?v=dreuw7Joz-U

面白い音がしますが、この発振回路はバランスが微妙でちょっと動作が不安定です。

電源に電界コンデンサを入れてみました。

また、昼間は上からの照明を遮っても窓からの光が強いので、夜の方が上手く動作しました。

(CDSを紙のパイプで包んで上からの光しか入らないようにすれば大丈夫でした。)

「思わずうっとり!電子ホタル」

http://www.youtube.com/watch?v=TAxaq_OWuFs

動画は携帯で撮ったのであまり綺麗に映っていませんが、実物はゆっくり「ジワ~」と光ってもっと綺麗です。(映像は撮影のためコンデンサの容量を半分にして動作を2倍速にしています。)

本当は、何連もLEDをつないで点灯させたほうがきれいだとおもうのですが、クリスマスシーズンではないためか、100円ショップにイルミネーション用のLEDがなく、以前買って置いたこの色のLED1連でしか試せませんでした。

「オクターブ切替機能付き 電子オルガン」

http://www.youtube.com/watch?v=vYYrlzcN4fM

音程を決めるのに普通、発振回路でボリュームで調整する物がおおいですが、この回路は全て固定抵抗(24系列までのカーボン抵抗)できめているので、音の調整箇所がありません。(しかも、半音までちゃんと出る)

また、オクターブもカウンタICで簡単に高・中・低に切り換えができるようになっているので、シンプルで作りやすい回路だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

学問・資格 | 文化・芸術 | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽